交通事故にあってしまったら・・・まずは当院にご相談ください!
通院までの流れ
治療費は一切かかりません:治療費・慰謝料・休業損害・交通費について
よくあるご質問

交通事故にあってしまったら・・・まずは当院にご相談ください!

自賠責保険の適応で自己負担0円!
面倒な事はすべて当院が行います。

交通事故の怪我は、むち打ち損傷(頚椎捻挫)や腰椎捻挫が圧倒的に多い
頚椎捻挫・腰椎捻挫とは、関節の軟部組織(靭帯や筋肉などレントゲンに写らない組織)の損傷のことです。レントゲン検査などでうつらない筋肉を治療するには、早い時期から症状にあった筋肉のリハビリ治療が必要です!是非、交通事故外傷の治療専門家である当院で治療を受けてください。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

後遺症が残りやすい
また、交通事故は後遺症が起こりやすいので、早めの受診をすることが大切です。
受傷直後はあまり症状がなくても、時間経過とともに重症化してくることもあります。
ひどい後遺症が残らないように早めに治療を開始しましょう。

症状に合わせた“専門治療”とは
病院は薬や注射、手術などで痛みのある個所を集中的に治療を行います。これに対し、当院での治療は、手技療法や、理学療法(冷却療法や電気療法など)を用いて、全身を調整していく、自然治癒力を高めるのが特徴です。各症状に対し適切な治療法をご提案します。
また、病院で定期的に検査をうけながら日々の施術は当院で受けることもできます。

こちらの方も是非ご相談ください
現在他の病院・整形外科・接骨院に通院させれいる方でも転院することは可能です。
保険会社の担当者に“ささがね鍼灸整骨院に通院したい”と連絡してください。
治るまで同じ所に通院しなくてはならないわけではありません。
同じ「整骨院」でも経験や得意分野は異なります。経験豊富な当院ご相談にください。
通院までの流れ

Step1 事故発生時にはまず警察に届け出ましょう

警察への届出を怠ると、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。被害者、加害者問わず、必ず警察に届け出をしましょう。
Step2 病院で検査を受けましょう

まだ病院を受診していない方には提携病院にて検査を受けて頂きます。
Step3 診断書を警察に提出しましょう

警察に提出する「診断証明書」は、当院でも作成できますので、ご安心ください。
Step4 保険会社へ連絡しましょう

保険会社に整骨院で治療することをお伝えください。
その後、保険会社とのやりとりは当院にて行いますので、ご安心ください。
Step5 治療を開始します

検査結果と問診・触診から、症状に合った治療の計画を立てていきます。
日常生活での注意事項や自宅で出来る運動療法などもアドバイス致します。
Step6 痛みがなくなったら治療終了です

事故直後は出来るだけ毎日通院してください。

治療費は一切かかりません:治療費・慰謝料・休業損害・交通費について

治療費
保険会社と連絡が取れていれば一切かかりません。

慰謝料
事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事で1日4,200円が支払われます。
基準となるのは、治療期間(※1)と実治療日数(※2)です。
※1 治療期間とは、治療開始日から治療終了日までの日数です。
※2 実治療日数とは、実際に治療のために通院した日数です。
慰謝料は「治療期間」と「実治療日数×2」を比較し、少ない方を通院期間とし、それに4,200円をかけて(乗じて)計算します。(限度額は120万円)
通院しなければ慰謝料はもらえません。ご注意ください!

休業損害
自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。
また、日額5,700円を超える収入がある事を証明できる場合には19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。
@給与所得者
過去3か月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3か月の収入[ 基本給+付加給与(諸手当)]÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)
Aパート・アルバイト・日雇い労働者
日給×事故前3か月間の労働日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先などの証明を要します。)
B事業所得者
事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。
C家事従事者
家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

交通費
交通費は保険会社より支払われますので一切かかりません。
電車・バス・自家用車(ガソリン代)・タクシー代(歩けない方に限ります)など。
電車・バスは領収書の必要はありません。
自賠責保険についての詳細は「国土交通省 自賠責保険サイト」をご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/index.html
よくあるご質問

Q.交通事故の患者さんはどのくらい来てるの?

A.他の整骨院さんと比べると、非常に多くいらっしゃっています
常に数十人の交通事故患者さんが来院しています。
保険会社さんからの紹介で交通事故患者さんが来る専門院です。

Q.どの程度の症状なら交通事故の保険が効くか?

A.わずかでも痛みや違和感がありましたら、お早めの受診をお勧めします
たいしたことがなくて、3・4日で治療が終わればそれはそれでいいのですから。あとから痛みを訴えますと、整骨院側としても、保険会社さんとしても、事故との因果関係を認めにくくなってしまいます。

Q.相手保険会社が病院を指定してきたら?

A.どうぞお気軽にお問合せください
保険会社さんが何を言おうと自分の行きたい所へ行けます。ただし、『病院』『診療所』『整骨院』『接骨院』に限られます。『整体』『カイロ』は対象外です。
当院は交通事故治療院ですので交通事故で起こった痛みの緩和に自信があります。

Q.今の病院から転院できるの?

A.可能です
はい、行きたい病院を決めるのは、あくまでも患者さんです。
保険会社の担当者さんに整骨院へ移る旨をお電話でご連絡下さい。
その際に、当院へ電話するようお伝え下さい。

ささがね鍼灸整骨院
〒328-0053 栃木県栃木市片柳町2-13-13
TEL:0282-51-9431
平日 8:30〜12:00/15:00〜20:00
土曜 8:30〜12:00/15:00〜18:00
定休日 日曜/祝日
個人情報保護方針
Copyright(C)SASAGANE Acupuncture & Bonesetter’s office.All Rights Reserved.